フロントバックのカットバックを身に付ける6つのポイント

フロントサイドのカットバックは背後から割れてくる波に戻るため、常に背中側を意識することが大切だ。意識と目線、動作のポイントをわかりやすく解説する。

 

 

1.浅いボトムターンでアプローチは行う


アップス&ダウンズでスピードを付け、レールを入れた弧の浅いボトムターンで加速しながら波のトップに向かう。サーフボードが上を向き始めたら目線を切り返す方向に向け、上半身を低くしてトップターンの準備に入る。ターンを行う場所は波の先端が巻く「カール」と呼ばれる場所の少し先。そしてリップより少し下のパワーゾーンだ。

2.ブレイクしくる波のパワーゾーンでターンに入る


新品未使用 ジーベック 空調服 ファンバッテリーセット

3.かかと荷重と後傾姿勢でターンを進めていく


ターンのときは後ろの足を踏み込んで切り返しの軸に。そして背中側に身体を倒していくとかかと側のレールが入り、サーフボードは返り始める。このとき前の手を真下に下ろすとバランスが取りやすくなり、しっかり後傾姿勢が取れるためターンがタイトに。意識と目線は常に戻る方向に置き続ける。

4.ひざを内側に入れるとさらにサーフボードはターンをしていく


小林プロがターンのときに意識しているポイントは2つ。「ひとつめは腕を開いてターンを大きくリードすること。ふたつめは、かかと重心に加えて後ろ膝を内側に入れることです」。後ろ膝を内側、つまりノーズ側に入れ込むことで、サーフボードは前へ押し出されるのだ。

 

SONY ソニー WV-H6 Hi8 ビデオ 8mm カセット



ターンをリードするのは何よりも意識と目線。「カットバックで戻るときも、目線は自分が思っている以上に戻る方向に向けましょう。極端に言えば、自分の背中やうなじを見るくらいのイメージ。もう向けない限界くらいまで顔を振り返らせましょう(小林プロ)」。そうして戻る先の波を見ることで、サーフボードはしっかり返っていく。

 

品質検査済 J3551 美品 アレキサンダージュリアン ダブル 金ボタン 紺ブレザー A4 テーラードジャケット


サーフボードがしっかりと戻る方向を向いて進み始めたら、前の肩を開き、割れてくる波のトップを目指していく。スープの上に乗せるようにして当てて返し、スープと一緒にボトムに降りてくる。サーフボードを返した後はすぐに顔を上げ、目線を進行方向へ。そしてすぐに波側のレールを入れて、次のセクションに向けて走り出す。

 

品質検査済 J3551 美品 アレキサンダージュリアン ダブル 金ボタン 紺ブレザー A4 テーラードジャケット

HITACHI 日立 HDD DVD レコーダー プレーヤー DV-DH500S